2017 ラジオNIKKEI賞 G3 - 2014年人気上位馬のローテーションと雑感

0

    福島競馬場 1800m(芝) ハンデ 3歳オープン
    参考: JRAホームページ「今週の注目レース

     

    ●2014年人気上位馬の近走

    日付 開催 レース名 人気 着順 騎手 斤量 距離 馬場 タイム 着差 通過
     2014年 1着 ウインマーレライ 5枠9番 牡3 54 松岡正海 5人気 父 マツリダゴッホ 母父 Fusaichi Pegasus
    14/05/03 東京 青葉賞(G2) 13 8 松岡正海 56 芝2400 2:26.8 0.3 3-3-5-5
    14/03/23 中山 スプリングS(G2) 9 8 石橋脩 56 芝1800 1:49.3 0.9 14-14-15-15
     2014年 2着 クラリティシチー 2枠4番 牡3 55 内田博幸 1人気 父 キングカメハメハ 母父 スペシャルウィーク
    14/06/01 東京 3歳500万下 1 1 内田博幸 56 芝1600 1:33.6 -0.2 1-1
    14/04/20 中山 皐月賞(G1) 10 8 内田博幸 57 芝2000 2:00.1 0.5 11-12-10-12
     2014年 3着 ウインフェニックス 2枠3番 牡3 54 石橋脩 7人気 父 スズカフェニックス 母父 アグネスデジタル
    14/05/11 東京 NHKマイルC(G1) 9 11 石橋脩 57 芝1600 1:33.8 0.6 10-11
    14/04/12 中山 ニュージーランドT(G2) 5 5 石橋脩 56 芝1600 1:33.9 0.6 4-4-3
     2014年 4着 オウケンブラック 1枠2番 牡3 52 田中勝春 10人気 父 アグネスデジタル 母父 アサティス
    14/05/31 東京 3歳500万下 5 1 北村宏司 56 芝2400 2:27.8 0.0 3-3-3-3
    14/05/17 東京 夏木立賞(500) 11 4 三浦皇成 56 芝2000 2:01.0 0.6 10-11-11
     2014年 5着 ラディウス 8枠15番 牡3 52 柴田大知 16人気 父 マンハッタンカフェ 母父 フォーティナイナー
    14/06/22 阪神 小豆島特別(1000) 6 7 小牧太 54 芝1600 1:35.6 0.8 11-10
    14/05/10 京都 3歳500万下 4 1 松山弘平 56 芝1600 1:33.5 0.0 8-8
     2014年 7着 ミヤビジャスパー 6枠12番 牡3 55 池添謙一 6人気 父 アドマイヤムーン 母父 スペシャルウィーク
    14/05/31 京都 白百合S(OP) 2 4 池添謙一 56 芝1800 1:45.6 0.5 8-8
    14/05/10 京都 京都新聞杯(G2) 2 5 池添謙一 56 芝2200 2:11.3 0.3 13-12-15-12
     2014年 8着 ピオネロ 7枠13番 牡3 55 蛯名正義 2人気 父 ネオユニヴァース 母父 Candy Stripes
    14/05/31 京都 白百合S(OP) 5 2 武豊 56 芝1800 1:45.1 0.0 6-6
    14/05/03 東京 青葉賞(G2) 5 5 蛯名正義 56 芝2400 2:26.7 0.2 8-9-10-10
     2014年 11着 ショウナンワダチ 4枠7番 牡3 56 北村宏司 4人気 父 ショウナンカンプ 母父 クロフネ
    14/05/11 東京 NHKマイルC(G1) 6 10 北村宏司 57 芝1600 1:33.7 0.5 13-15
    14/04/12 中山 ニュージーランドT(G2) 4 2 北村宏司 56 芝1600 1:33.3 0.0 10-7-7
     2014年 12着 ラリングクライ 6枠11番 牡3 54 戸崎圭太 3人気 父 ハーツクライ 母父 Capote
    14/05/04 東京 3歳500万下 1 1 戸崎圭太 56 芝1600 1:34.7 -0.1 6-5
    14/03/15 中山 3歳未勝利 2 1 石橋脩 56 芝1800 1:51.7 -0.1 7-7-8-9

     

    ●雑感
    前走がG2青葉賞で0.3差8着だったウインマーレライと、前走がG1のNHKマイルCで0.6差11着だったウインフェニックスの斤量がともに54kgでハンデに恵まれた印象があります。

     

    前走で500万下を勝ったクラリティシチーについても、その前の皐月賞で好走してハンデ55kgというのは恵まれたと思います。しかし今年は、このような形でハンデに恵まれた馬が見当たらず、ニシノアップルパイがやや恵まれたのかなという程度です。

     

    ウインマーレライは、1コーナーで内ラチ沿いの3番手に付け、脚をためながら前の馬を追う絶好の位置取りで優勝しました。

     

    クラリティシチーは、内枠から外に出しながら後方に控えて最後の直線勝負に出たものの2着どまりでした。競馬の内容としては1番強かった印象です。

     

    ウインフェニックスは、内ラチ沿いの6番手でレースを展開し、ウインマーレライを目標にうまく立ち回って3着に入りました。

     

    2014年も内ラチ沿いの前のほうで競馬ができた馬が好走し、外から差してくる馬は勝ちきれない結果となりました。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.08 Saturday
      • -
      • 07:29
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      categories

      selected entries

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR