スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.27 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2017 ラジオNIKKEI賞 G3 - 2015年人気上位馬のローテーションと雑感

    0

      福島競馬場 1800m(芝) ハンデ 3歳オープン
      参考: JRAホームページ「今週の注目レース

       

      ●2015年人気上位馬の近走

      日付 開催 レース名 人気 着順 騎手 斤量 距離 馬場 タイム 着差 通過
       2015年 1着 アンビシャス 2枠3番 牡3 56.5 ルメール 1人気 父 ディープインパクト 母父 エルコンドルパサー
      15/05/09 東京 プリンシパルS(OP) 1 1 ルメール 56 芝2000 2:00.2 -0.2 14-12-11
      15/03/28 阪神 毎日杯(G3) 1 3 松山弘平 56 芝1800 1:47.3 0.1 7-3
       2015年 2着 ミュゼゴースト 6枠12番 牡3 55 柴田善臣 4人気 父 バゴ 母父 リアルシャダイ
      15/05/30 京都 白百合S(OP) 6 3 柴田善臣 56 芝1800 1:46.3 0.1 6-6
      15/04/18 中山 山藤賞(500) 2 1 柴田善臣 56 芝2000 1:59.7 -0.2 6-6-7-3
       2015年 3着 マルターズアポジー 3枠6番 牡3 53 武士沢友 12人気 父 ゴスホークケン 母父 Old Trieste
      15/05/09 東京 プリンシパルS(OP) 7 17 村田一誠 56 芝2000 2:04.4 4.2 1-1-2
      15/04/11 福島 ひめさゆり賞(500) 3 1 吉田隼人 56 芝2000 2:02.3 -0.2 1-1-1-1
       2015年 4着 ロジチャリス 8枠16番 牡3 54 大野拓弥 3人気 父 ダイワメジャー 母父 ロックオブジブラルタル
      15/06/21 東京 3歳上500万下 2 1 福永祐一 54 芝1600 1:34.7 -0.5 2-2
      14/10/25 東京 アイビーS(OP) 1 3 三浦皇成 55 芝1800 1:47.2 0.1 3-4-3
       2015年 5着 ブランドベルグ 7枠14番 牡3 53 藤岡佑介 10人気 父 ネオユニヴァース 母父 プラティニ
      15/06/21 阪神 3歳上500万下 4 1 藤岡佑介 54 芝2000 2:01.3 -0.5 5-5-6-5
      15/05/31 京都 白藤賞(500) 4 7 松田大作 56 芝1600 1:34.7 0.6 7-8
       2015年 15着 キャンベルジュニア 8枠15番 牡3 53 内田博幸 5人気 父 Encosta de Lago 母父 Redoute's Choice
      15/05/16 東京 夏木立賞(500) 2 1 内田博幸 54 芝2000 2:00.2 0.0 3-3-4
      15/04/25 東京 3歳未勝利 1 1 内田博幸 54 芝2000 2:02.0 -0.2 8-8-5
       2015年 16着 レアリスタ 3枠5番 牡3 54 福永祐一 2人気 父 ステイゴールド 母父 Meadowlake
      15/06/14 東京 3歳上500万下 1 1 福永祐一 54 芝1800 1:49.4 0.0 2-3-3
      15/05/17 東京 3歳未勝利 1 1 福永祐一 56 芝2000 2:01.3 -0.1 8-8-7

       

      ●雑感
      レアリスタ、ロジチャリス、キャンベルジュニアなど、前走で500万下クラスを優勝していた馬に人気が集まりましたが、結果的には前走がオープンクラスだったアンビシャス、ミュゼゴースト、マルターズアポジーが馬券圏内に入りました。今年の登録馬で前走がオープンクラスだった馬は、サトノクロニクル、ニシノアップルパイ、マイネルスフェーン、ライジングリーズンの4頭です。

       

      アンビシャスは、内ラチ沿いの後方から徐々に押し上げ、4コーナーで馬群の中から先団に取り付く完璧な騎乗で優勝しました。

       

      ミュゼゴーストは、外枠の先行勢の一番内側にいたため、1コーナーで内ラチ沿いの3番手に付けられたことが好走につながった印象です。

       

      前走のプリンシパルSで大敗していたマルターズアポジーは、このレースでも逃げて内ラチ沿いを通り、3着に粘り込みました。

       

      2回福島の開幕週ということもあって、内ラチ沿いをうまく使えることが好走につながっています。


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.27 Sunday
        • -
        • 07:04
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>

        categories

        selected entries

        archives

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR