2017 宝塚記念 G1 - 過去5年のレース結果と傾向

0

    阪神競馬場 2200m(芝) 定量 3歳以上オープン
    参考: JRAホームページ「今週の注目レース

     

    ●過去5年のレース結果

    着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 通過 上り 人気 馬体重 所属
    2016年 3阪神8 芝2200 (稍) 17頭 ペース(34.7-36.8)
    1 8 16 マリアライト 牝5 56 蛯名正義 2:12.8 11-11-10-6 36.3 8 438(0)
    2 5 9 ドゥラメンテ 牡4 58 M.デム 2:12.8 13-13-10-9 36.1 1 498(0)
    3 2 3 キタサンブラック 牡4 58 武豊 2:12.8 1-1-1-1 36.8 2 536(+12) 西
    4 4 7 ラブリーデイ 牡6 58 ルメール 2:13.0 7-8-5-3 36.7 4 486(-4) 西
    5 4 8 ステファノス 牡5 58 戸崎圭太 2:13.4 9-10-10-6 36.9 7 484(-2) 西
    2015年 3阪神8 芝2200 (良) 16頭 ペース(36.0-35.0)
    1 8 16 ラブリーデイ 牡5 58 川田将雅 2:14.4 2-2-2-2 34.8 6 488(+2) 西
    2 3 6 デニムアンドルビー 牝5 56 浜中俊 2:14.4 15-15-14-14 34.0 10 450(+2) 西
    3 1 1 ショウナンパンドラ 牝4 56 池添謙一 2:14.6 7-6-6-7 34.7 11 446(+4) 西
    4 7 14 トーホウジャッカル 牡4 58 酒井学 2:14.7 7-8-8-7 34.8 7 484(0) 西
    5 6 11 ヌーヴォレコルト 牝4 56 岩田康誠 2:14.7 6-6-6-6 34.9 3 446(-6)
    2014年 3阪神8 芝2200 (良) 12頭 ペース(36.4-35.6)
    1 8 11 ゴールドシップ 牡5 58 横山典弘 2:13.9 4-3-4-4 35.2 1 504(-2) 西
    2 5 5 カレンミロティック セ6 58 池添謙一 2:14.4 3-3-3-3 35.8 9 450(-8) 西
    3 3 3 ヴィルシーナ 牝5 56 福永祐一 2:14.6 1-1-1-1 36.3 8 458(+2) 西
    4 4 4 ヒットザターゲット 牡6 58 武豊 2:14.6 11-10-9-9 35.3 12 514(-6) 西
    5 2 2 デニムアンドルビー 牝4 56 浜中俊 2:14.6 6-6-4-4 35.9 6 438(0) 西
    2013年 3阪神8 芝2200 (良) 11頭 ペース(34.7-38.0)
    1 8 10 ゴールドシップ 牡4 58 内田博幸 2:13.2 4-4-3-4 35.2 2 500(-2) 西
    2 4 4 ダノンバラード 牡5 58 川田将雅 2:13.8 2-2-2-2 36.2 5 484(-2) 西
    3 8 11 ジェンティルドンナ 牝4 56 岩田康誠 2:13.8 3-3-3-3 35.9 1 470(0) 西
    4 3 3 フェノーメノ 牡4 58 蛯名正義 2:13.9 5-6-5-4 35.8 3 496(0)
    5 6 6 トーセンラー 牡5 58 武豊 2:14.2 5-5-5-6 36.1 4 456(-4) 西
    2012年 3阪神8 芝2200 (良) 16頭 ペース(34.3-35.3)
    1 6 11 オルフェーヴル 牡4 58 池添謙一 2:10.9 11-11-12-12 34.7 1 456(-4) 西
    2 4 7 ルーラーシップ 牡5 58 ウィリア 2:11.2 6-6-6-3 35.4 2 496(-2) 西
    3 1 2 ショウナンマイティ 牡4 58 浜中俊 2:11.4 15-15-16-14 35.0 6 496(+2) 西
    4 1 1 ウインバリアシオン 牡4 58 岩田康誠 2:11.7 12-11-8-6 35.8 3 508(-4) 西
    5 2 4 マウントシャスタ 牡3 53 川田将雅 2:11.7 4-4-4-3 35.9 12 450(-6) 西

     

    ●1コーナーの通過順位
    1. 5番手以内
      過去5年の該当馬27頭のうち8頭が3着以内に入っています。2013年はややハイペース、2014年は超スローペースでしたが、両年とも3着以内にすべてこのタイプの馬が入りました。よほどのハイペースにならない限りは、前々に行った馬が1頭は必ず馬券に絡んでくる印象があります。

     

    2. 6〜10番手
      過去5年の該当馬25頭のうち2頭が3着以内に入っています。中団の馬の3着内率が低く、この位置で競馬をした人気馬は期待を裏切っているケースが多いです。

     

    3. 11番手以降
      過去5年の該当馬20頭のうち5頭が3着以内に入っています。終いが切れるタイプの馬は中団につけるより後方待機のほうが力を発揮できるケースが多いです。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.20 Friday
      • -
      • 23:53
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック