2017 日経賞 G2 - 過去5年のレース結果と傾向

0

    中山競馬場 2500m(芝) 別定 4歳以上オープン
    参考: JRAホームページ「今週の注目レース

     

    ●過去5年のレース結果

    着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 通過 上り 人気 馬体重 所属
    2016年 3中山1 芝2500 (良) 9頭 ペース(31.7-33.9)
    1 8 9 ゴールドアクター 牡5 58 吉田隼人 2:36.8 2-2-2-2 33.8 2 494(0)
    2 4 4 サウンズオブアース 牡5 56 福永祐一 2:36.9 2-2-2-2 33.9 1 506(+4) 西
    3 2 2 マリアライト 牝5 55 蛯名正義 2:37.1 4-4-4-5 33.9 4 438(+4)
    4 7 7 アルバート 牡5 57 ルメール 2:37.3 5-4-4-5 34.0 3 464(-2)
    5 3 3 ディサイファ 牡7 57 武幸四郎 2:37.3 1-1-1-1 34.4 5 506(-4)
    2015年 3中山1 芝2500 (良) 12頭 ペース(29.8-35.1)
    1 5 6 アドマイヤデウス 牡4 56 岩田康誠 2:30.2 7-7-7-5 34.2 4 472(-6) 西
    2 3 3 ウインバリアシオン 牡7 57 福永祐一 2:30.5 5-5-5-3 34.7 5 526(-4) 西
    3 4 4 ホッコーブレーヴ 牡7 56 田辺裕信 2:30.5 9-9-9-8 34.4 6 480(0)
    4 7 10 サウンズオブアース 牡4 55 M.デム 2:30.5 11-11-11-11 34.0 1 500(+4) 西
    5 1 1 フラガラッハ 牡8 56 横山典弘 2:30.7 1-1-1-1 35.6 7 498(0) 西
    2014年 3中山1 芝2500 (良) 15頭 ペース(31.8-34.7)
    1 6 10 ウインバリアシオン 牡6 56 岩田康誠 2:34.4 9-12-11-3 33.9 1 526(-8) 西
    2 6 11 ホッコーブレーヴ 牡6 56 田辺裕信 2:34.7 9-9-10-11 34.3 10 480(-6)
    3 2 2 ラストインパクト 牡4 55 川田将雅 2:34.9 7-7-8-8 34.6 3 490(0) 西
    4 3 5 サトノアポロ 牡6 56 三浦皇成 2:34.9 2-2-2-2 35.1 13 504(-2)
    5 5 8 フェノーメノ 牡5 58 蛯名正義 2:34.9 3-3-3-3 34.9 2 488(-8)
    2013年 3中山1 芝2500 (良) 14頭 ペース(30.5-35.0)
    1 8 14 フェノーメノ 牡4 56 蛯名正義 2:32.0 4-3-5-4 34.3 1 494(+2)
    2 1 1 カポーティスター 牡4 56 高倉稜 2:32.2 3-3-4-3 34.7 9 512(-6) 西
    3 7 12 ムスカテール 牡5 56 内田博幸 2:32.4 11-10-6-6 34.6 7 480(-14) 西
    4 3 4 タッチミーノット 牡7 56 横山典弘 2:32.6 5-5-8-11 34.7 3 504(0)
    5 5 7 マイネルキッツ 牡10 57 三浦皇成 2:32.8 7-6-2-1 35.7 11 506(+2)
    2012年 3中山1 芝2500 (重) 14頭 ペース(31.0-37.8)
    1 5 8 ネコパンチ 牡6 56 江田照男 2:37.4 1-1-1-1 37.8 12 480(-2)
    2 5 7 ウインバリアシオン 牡4 56 武豊 2:38.0 14-14-10-8 35.7 2 514(-8) 西
    3 8 13 ルーラーシップ 牡5 57 福永祐一 2:38.1 8-7-5-3 36.2 1 504(0) 西
    4 7 12 コスモロビン 牡4 55 柴田大知 2:38.5 8-9-9-8 36.4 6 526(0)
    5 2 2 ネヴァブション 牡9 56 横山典弘 2:38.7 5-7-5-6 36.9 9 484(-6)

     

    ●レースの傾向 (過去5年の3着以内馬15頭を対象とします)
    1. 5〜8枠
     対象馬15頭中9頭が該当します。コーナーが多いので外枠が不利な印象がありますが、枠順の有利不利はなさそうです。
    2. 上り3ハロンの順位が1〜3位
     対象馬15頭中12頭が該当します。最後の直線が短いコースのため、脚の使いどころは様々ですが、まくって押し切る競馬をする馬が優勢です。また、近年は4歳馬と5歳馬が安定した成績を残している点も、上りが速くなる傾向と関係があると思います。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.20 Tuesday
      • -
      • 02:52
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR